忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2018/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
久しぶりによじごじ感想。今回からタイトルのナンバリングは諦めて日付を入れることにしました。今のところ不定期でも続けていけたらよいなあ。

今日の特集は湯河原グルメ。ゲストは峰竜太さん。
企画の趣旨が湯河原の名物女将が選ぶグルメということもあり、旅館も一緒に紹介されてたからグルメより温泉に入りたくなってくる罠……
スタジオでの実食は、VTRで紹介されてたメンチカツとコロッケ、あとハードタイプのバームクーヘンあたりでした。
長野くんはコロッケを食べるのもなんだかノーブルに感じる今日この頃。半分に割ったコロッケをそこそこの大きさで口に入れるのにね。
でも、やっぱりノーブルといえどグルメ変態なんだよね。竹崎アナから香りにつられてお店に入店したお客さんがいるという話を聞いた後、「分かる~。だってこれ香りいいもん」って言いながら鼻先にバームクーヘンを持っていく目つきがなんか怖い怖い。食べ物の匂い好きだもんなあ。


食kingは「豚めんたいカツ」。
長野くんの料理してる時のとろとろしてる声が相変わらず好きだあ。可愛い。声はとろりんとしてるんだけど、動作はそこそこキビキビしてるというか、調理に無駄がない。
あと、峰さんが前回来た時に振舞った料理や、好き嫌いもどことなく覚えてる長野くんが素敵だと思った。
ソースを作るために材料をかき混ぜてる長野くんの俯きがちの顔がすごく好き。ちょっと嬉しそうに口元を緩めてるのがたまらんかったです。揚げたてのカツを頑張って切ってる長野くんもいいですね。


生中継は東京ラーメンショー。林アナがリポートしてくれてますが、長野くんはまあ当然だよねって感じで今年10年目であること及び全部行ってることを報告してくれた。それに対して驚いている峰さんがなんかいっそコントのように感じる域だよね。
ラーメンショーは一度だけ管理人は行ったことがあります。確か長野くんがはえぬきのCM決まった年くらいだったから、山形のラーメンを食べた朧げな記憶しかないけど……計画性もなく、ふらっと立ち寄ったんですよね。
手始めに試食で山形のラーメンを啜る林アナに対して、「林さんなんかねえ、すごく美味しそう」って褒めてかかる長野くんのあんた何者感好き。よく分からないけどそういう評論家というかプロっぽい感じがした。




拍手[1回]

PR
なごみ 11月号感想



今月のなるほど!で長野くんが出してきた「舌というより脳で感じる」って単語が忘れられない今月号。まあ記憶を辿ればこんなことはずっと言ってきてますけど、改めて活字で見るとまた違った印象がありますよね。


それから、小山さんとの対談で長野くんの料理をしているときの顔つきが変わったと褒められていましたが……そうか、まじか。
連載が終わったら再度最初から見返してみようかなあと思います。管理人はひと月ごとに最新号の雑誌をめくるだけなので、実際に身近で成長を見守っていた先生とは感覚が違うのでしょう。先生みたいに違いが感じられるかどうか、果たして。
ただまあ、長野くんの発言に関しては伸び伸びしてきたまたは言いたいことを言うようになったなあとは感じてましたが。確かやっぱり会社員やってないよね長野くんみたいな感想をどこかで認めた記憶はある。
連載を重ねるにつれ、もしかしたら同じ真剣な表情の中にも余裕とかが表れているのかもしれないですよね。元から楽しそうにやってるんだろうなとは思ってはいますが。


それにしても来月で長野くんの連載が最終回ですね。
来月号はカラーページ増しましの特別版とのことで、予告ページの亭主に挑戦している長野くんがすでに麗しくて何度見かしました。
連載終了は寂しいですが、最後まで長野くんの頑張りを見届けるためにも、何はともあれ12月号を楽しみに待ちたいと思います。

拍手[1回]

動画が更新されていたので見に行ったのですが、本当いつまでも素敵な笑顔でいてほしいなあと思うくらい、ニコニコと誕生日を迎えてらした。

長野くんが前列真ん中で、視聴者側から見て左に岡田くん、右に森田くん。後列左から坂本くん、イノッチ、三宅くんの順で並んでいましたが。
詳細は是非ご自身で見てもらえればと思うのですけど、長野くんのそういう無抵抗で相手の好きなようにさせてあげるとこマスコットっぽく感じるし、可愛いなあ、優しいなあと思いました。
締めで三宅くんにそそのかされて「アナタノコトガシュキダカラ~」と中途半端な物まねをして、(たぶん)坂本くんと三宅くんにちゃんとやれよみたいな感じに突っ込まれてるのもらしいなあと感じます。
長野くん自身も笑顔が似合う誕生日メッセージでしたが、何より周りを楽しそうにニコニコさせてくれるのもいいなあといつも思うんですよね。まあこれは長野くんに限らず、V6のメンバー全員に言えることではあるけれど。


改めて46歳。長野くんお誕生日おめでとうございます。いつまでも自分の好きなことややりたいことを挑戦して極めて、たまにファンにその片鱗を見せてくれればなあと思います。
そして健康でいてくれればなと。


あまり誕生日だからという理由でこういう記事書こうとは思わない人間なんですけど、バースデー動画を見てこんな感想を持ったので記念に認めておきました。
それにしてもバースデー動画ってたった30秒程度の動画だけど、V6というグループやメンバーの人となりを感じられるなかなか秀逸なコンテンツだと毎回感心させられます。こう、ぎゅぎゅっと凝縮されてますよね。



拍手[3回]

書いてた記事が途中でポシャってしまったので簡易的に感想をば。
正直管理人には今回の新曲刺さらなかったので、そういう感想を読むのが苦手な方はブラウザバックでお願いします。




全体的に、もっと疾走感のある曲だったらよかったのになあっていうのは感じたかも。せっかく彼ら自身がベテランとはいえ声は若々しいし、JUMPアニメなわけだし……とか。(最近のジャンプアニメの傾向もさして知らないのでなんともですけど)
歌詞も響くものがなかったなあって思って、新曲自体は嬉しいのですが(CDが出たら限定盤商法にはのっかりますが)、期待してただけに管理人は少し残念。
もちろんこの曲すっごくいい!って思った方もいると思うので、そんなのは個人の感想でしかありませんけどね。


まあ。歌詞全部吟味したり、ダンスがつけばまた違った感想になるのかもしれないので、ひとまず第一印象はこうでした、ということで。




拍手[0回]

なごみ 10月号感想



いつもの小さい写真の中で今回一際目を引いたのが、長野くんのすっごいニコニコ笑ってる横顔の写真。この雑誌はどちらかというと時に緊張感さえ交えた真剣な表情が多いから、目じりに笑い皺を載せて顔全体で笑ってる長野くんが珍しいなあと思いました。

しかし、そんな中でもやっぱりやってることはとってもストイックかつ真面目。今月号は茶懐石の中でも八寸がテーマ。
当方は茶事でお酒が出ることも知らなかったほどなので……勉強不足が痛いですね。
それに引き換え長野くんは一般的な疑問から自分が今まで得てきた知識による一歩進んだ疑問まで質問していたりして……いつもながらすっごいなあって思いながら今日も拝読しました。
何より長野くんが楽しそうでいいな。

拍手[1回]

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。

リンク

お世話になっています
| HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]