忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
ファーム7月21日放送分感想

久しぶりの感想ですが感想自体は薄目。
今日の放送はお手軽さが売りの庭キャンプを古民家で。ただし途中からすっごい大雨。
小さい子と一緒にいる長野くんは優しい親戚のおじさん感が増して可愛いですね。アイドルにはますます思えない親しみやすさ。梨央ちゃんにキャンプの豆知識を伝授してる長野くんが本当にキャンプ場の人みたいに思えてですね……アイドルでバリバリ歌って踊ることもできるし、一方でのどかに一般人よりも一般人らしくキャンプできる(ただし知識量は半端ない)長野くんがいいなって思いました。
それにしてもさすがアメトーークにも出たことがありますよね。ボーイスカウトの経験を活かしてテント設営はお手の物な長野くん。設営は簡単とのことで女性陣に任せ、自身は監督というポジションに……
確かにレギュラーメンバーから業者の人って言われるくらい、設置自体はやってないのにすごくキビキビ動いてる印象を映像から受けました。恐らく要所要所でテント設置に大事な作業をやってるからだと思われます。それにしても半袖から覗く腕がいいですなあ。ロープ伸ばしたり支柱支えてたりする時に腕を伸ばしてるんですよ。それで遠目だから筋とか細かいところまでは分からないけどいい肉付きと骨格をしてると思う。そんなキャンプの楽しみ方。
バーベキューの肉として出てきたのはイノシシ。長野くんはジビエ本当好きだね。ハーブを効かせたピーマンの肉詰めにして食べることにしてたけど、梨央ちゃんがお手伝いで肉をこねてる時に、「いのししこねる梨央ちゃんってレアですよね」ってぽそっと呟いてた長野くんがなんかダメな人みたいに思えて面白かった。
長野くんがお肉を焼いてる中、女性陣は女優トークをしてたりするのもファームだなあって感じ。外での焼き物は長野くんの構図。
いいよ食べててって女性陣に気を遣わせないように自ら発信しながら、黙々とお肉焼いてる長野くんがいいんですよねえ。趣味と実益を兼ねてる感じが。網の上の肉を真剣に見つめる目が好きです。
そうして出来上がった時の、「お肉焼けたよ~」の声が優しい柔らかい。自分が食べる時には箸で美味しそうなところを持ち上げて上目遣いで見つめてる長野くんもけしからん可愛い。
そして今回の目玉ジビエ。ファームの天敵キョンのお肉もやってきた。噛みごたえはイノシシよりも柔らかくて獣っぽさがないそうです。さらっと食べてさらっと終わったのは、キョンが普通においしかったからかな?管理人の影響でV6や長野くん番組を見るようになった母は、キョン食べるなんて……ってびっくりしてたけど笑。

キャンプの後は古民家に戻って皆でタイルコースターとハーブキャンドルを作ってた。
長野くんが六角形を選んでるところに自然と揺さぶれるV6ファン心理。
こういう時、普段なら3人ともテレビを忘れて黙々と作業してそうなんだけど、今日は梨央ちゃんがいるからか割と喋りながら作ってたみたい。
キャンドルはキャンプファイヤーの代わりだそうで、夕方キャンドルに揺られながら、梨央ちゃんに野菜のお土産を送るメンバーに、
梨央ちゃん「(驚きながら)え、聞いてない聞いてない」
長野くんと村上ちゃん「言ってない言ってない」
ってやり取りが和むし可愛いし優しい空間だなあって思った。子どもがいると3人とも雰囲気がまた違って面白い。

しかし途中から本当に雨ざあざあで、タッキー達もこんなはずじゃ……ってぼやいてたけど、監督の指示もよくて雨が降っても風が吹いても倒れない丈夫なテントでしたね。最後までバーベキューを楽しんでた皆。
というか、設営中に長野くんが、最初きっちりしないと雨とかで倒れるって言ってたんだけどまさにそうなんだね。やっぱり実践してる人は違うなあ。
そして来週は打って変わってマリンスポーツ。シーカヤックで無人島目指したりタコ漁したりと……前髪ピョン跳ねしてた長野くんも楽しみですね。


拍手[0回]

PR
ファーム 6月30日分感想

6月のスイーツ特集最後のテーマは抹茶。甘い物苦手な男性でも食べられるようなスイーツを〜みたいなことこを言ってたのが女性陣より長野くんなのが微笑ましい……というより、なんか言い方というか目線がなあ(笑)

実は音楽祭の編集をせずファーム録画していたらレコーダーの容量がなくなっていて、当然のごとく録画失敗してました(・_・;)気づいたのは音楽祭の感想書こうとレコーダーの電源入れた後。……なので、とりあえず記憶にあるところだけ掻い摘んでの感想。(ファームは金曜に再放送してるからよかった!)
それから、今後ファームは何か書きたいなあって思った時に感想書くように切り替えます。ブログ書くのがとても遅くて時間取られてしまうので……
まあ一言感想でもなんかあれば更新するとか、数話まとめて感想とかもあるかも……

長野くんファンとしては『月刊なごみ』を読んでいる手前、抹茶と聞くだけで心躍るものがありますよね。本格的にお茶を点てるところが見られるかも!なんて期待は淡くもしてなかったのであれくらいがちょうどいいのかな。なんかもうお茶を準備したり飲んでる姿が癒しの域。
今回の記事タイトルを和風×にしたのは管理人のなけなしの良心で、というかテーマの抹茶にこれ以降もあまり触れずに感想は終わりますが。おじさんがさあ……長野くんに優しいなあって思いながら見てました(笑)。
そら豆食べてる時とかね。止まらないやつです……って告白してる長野くんがべらぼうに可愛くて、なんだこの男はってちょっと思った。
全体的にタッキーと長野くんのやり取りは和むんですよね。仲のいい兄妹に見えたり姉弟に見えたり。今回はお兄ちゃんの方だったかなー。面倒見のいい優しいお兄ちゃん。妹ちゃんは食いしん坊。でもお兄ちゃんも食いしん坊だな……

印象に残った場面はいくつかあったけど、録画したのを停めながら書かないと思いのほか感想書けないのは管理人の頭の容量の問題ですね(^_^;)

拍手[0回]

ファーム 6月2日分感想
今日読む気失せるほど馬鹿みたいに長い……

しとしと雨の降る中梅の収穫お疲れ様です。今回は前回の予告通り、スイーツ特集第一段の梅のスイーツ回でした。
冒頭黄色い雨合羽着てる長野くんが妙に似合う。梅をとりながら3人で今まで梅で作ってきた思い出を語ってるんだけど、雨降ってると思考がまとまらないから今日作るものは後で考えようっていう女性陣の発言に、長野くんが「正直だよね!」って突っ込んでた。
……で。場面変わっていつもの縁川。3人でまったりしながら会議中。
長野くん徐に自分で本を出した時の話をぶちこんできた。ちょうど発売日が6月6日で梅の日だったから、長野くんがアイデアを出してパティシエにイベントで梅のスイーツを作ってもらったこと。
ちなみに「ファンの方に集まっていただいて~」とか、他のジャニーズアイドル見てもたぶんなかなかいない謙虚さ(笑)。常々長野くん言葉についてもちょっと変わってるよね。いい悪い含めて。
そして今回のいつもと違うところ。自分たちが作ったものを自分たちだけで楽しむんじゃなく、周りのお世話になっている方々に食べてもらおうと。
というか最近は自分たちだけじゃなくて周りにも目を向け始めた5年目ファーム。自己欲求が満たされてくると今度は周囲に欲求がいくんですよね~人間て。
長野くん「ここの中だと褒めあっちゃう。ぬるいんだよ。実際に本当はどうなのかを農家の方に食べていただいて。本当の評価を……まずいならまずいって言ってもらった方がいい」
……出たよ。最近色んなところで料理してるからってさ(笑)。

今回のメインテーマに移る前に3人の「古民家パティシエ」の紹介写真が出たんだけど、正直突っ込みどころ満載。
村上ちゃん長野くんタッキーの順で並んでるんだけど。
・村上ちゃん→普通にいそうなパティシエ
・タッキー→ドラマに出てきそうなパティシエ
・長野くん→恋愛ゲームに出てきそうなパティシエ
……長野くん笑。
いや、村上ちゃんは明るくていい人そうな先輩パティシエで、タッキーは同僚だったら嬉しい美人なパティシエで2人ともそれぞれ笑顔が素敵なんです。村上ちゃんは溌剌系、タッキーははにかみ系(こういう表情あまり普段のファームでは見ないから新鮮というか本職が窺えて楽しいっすね)。
なのに、なんで博は上から見下ろす系の流し目なんだーーーー!!!(某未成年の主張風に)
本人の性格知らなかったら、なんか嫌みそうな先輩なのかなあって思っちゃうよ、かっこいいんだけどさ。これは主人公が本当は優しくて可愛い長野先輩の知られざる素顔を暴いていく感じのラブセンにはないストーリーが始まる、そんなゲーム(笑)


……まあありもしない二次元の与太話はさておき。タイトルコールの後、今回梅で作るスイーツを3人にそれぞれ話してもらうところ。
長野くんからだったんだけど、上向きながらぽつぽつ話す顔が可愛い。顔が可愛い。目線が右斜め上を泳いでるんだけど本当二重瞼ぱっちりで涙袋くっきりのえげつないパーツやで。このインタビューの前にさっきの意地悪そうなパティシエ写真が出るものだから、ギャップにちょっとびっくり。そういえば長野くんて役だと割と嫌な奴とかもやってんだよね。
3人の梅スイーツアイデア一覧
・長野くん→和食の一品に梅をあわせる
・村上ちゃん→梅の和菓子
・タッキー→スーパーフードで栄養UP
3人ともあまり甘くない仕上がりにしたいそう。そうして実際に調理開始!
長野くんは梅の種をとっていく地味な作業から。「優しくね優しく」。管理人が長野くんらしい地味で可愛いと思った矢先、実況の赤平さんが「ムッシュ長野いきなり竹串で緻密な作業に突入しました」って言ってて、あそうかこれは緻密……繊細っていうのか……って反省した。つい。
調理場一緒だから、皆ところどころ喋りながら作業してて。マダム村上が自分の梅の白あんの味見をしてる時に、普通にふら~っと彼女の元を訪れるムッシュ長野。普通なら敵情視察を疑われるけどこのメンバーなら大丈夫。むしろふっつうに味見させてもらって感想とアドバイスまで与えていた。
マドモアゼル滝沢とマダム村上は、見た人が真似できるように作りたいよね~みたいなことを話してたんだけど、えそれじゃあムッシュ長野のはどうなん(面倒)って思ってたら、ちゃんとマドモアゼル滝沢が、「長野くん凝っちゃうからな」って言ってくれてよかった。
マドモアゼル滝沢「長野くん割と凝っちゃうからなあいつも」←ぼそっと
ムッシュ長野「なに?わりと何?」←超早かった。早さに笑った
マドモアゼル滝沢「(思わず笑っちゃう)わりと凝ったもの作りがち」
マダム村上「ああ~。丁寧な作業が多かったりね」
ムッシュ長野「今だって地道だったからね」
こんな平和なやり取りがありつつ。
ムッシュ長野「でもこれ自体は和食屋さんのデザートで出ますからね」
マダム村上「そっかあ。その和食屋さんで出るっていうのがすごいよね」
そうそう。マダムが正しい。マドモアゼルが正解!って思いながら、一見和やかな会話を眺めていたら、やっぱり荒波を起こすのは長野博だよね。
おいムッシュ。

梅を煮詰めるのにいつぞやのレーザー温度計を取り出してきやがった!!!!やったね!

前にどこぞの和食屋さんで召し上がった梅のデザートの味があまりに美味で、作り方まで聞いたそうです(よく教えてもらえるよねってところもある)。そんな彼にとっては思い出深い忘れられない味を自分で再現するため、地道なひと手間をものともせず、文明の利器レーザー温度計まで駆使して作る今回の梅スイーツ。まさに渾身の一品じゃないですか。主婦向けによじごじで調理してる長野くんが本気なわけないですよねー(棒)。
ムッシュが今手がけているのは「梅の甘露煮」。今回赤平アナのナレーションが実況みたいに入ってるんだけど、ただでさえ普通の甘露煮とは違う手間暇に加えて、出汁とか作り始めたのでもうなんか色々面白いことになってた(笑)
実況では「長野ワールド全開です」とか言われる始末だし、マダム村上からは「和食ですね」って感想言われるし、テロップは「謎!?」ってなってたもの。
終盤にて、マドモアゼル滝沢はドライ梅のソフトクッキー、マダム村上は梅あんのどら焼き、ムッシュ長野は黒糖茶碗蒸し~梅の甘露煮添え~を作ってたことが判明。マダムが一個パンケーキを引っくり返すの失敗しちゃって、それを食べたいってすぐさま寄ってきたマドモアゼルの通常運転振りは安定感がある。2人でもぐもぐしてるのが可愛いなあ。
ムッシュは手塩にかけて作った梅の甘露煮を1人で味見してたんだけど、そこに思いがけない唇のアップ。熱かったみたいだけど満足のいく出来みたいでよかったね。「ジャムだね。ふわとろ❤」なんて言いながら食べかけの梅をカメラアップしてくれたよ。どんなご褒美なの?
皆出来上がった後で、とりあえずムッシュ作の甘露煮を3人で食べてたんだけど、女性陣の大絶賛にやっぱり褒めあっちゃうよねえ俺達って長野くんは言ってたけど……そういう事じゃないと思うんだ。なんか別次元なんだよね彼だけ。

そして野菜の直売所で農家の方に食べていただくことになりまして。皆さん梅には煩い方々。梅も栽培してるし自家製の梅干しも漬けています。そんなプロに食べてもらうため3人とも自作スイーツをテーブルに運んでくる表情は真剣そのもの。
ただ、ありのままの感想を聞きたいため、テーブルまで運んだ後は様子を少し離れた車内から窺うことに。まだ雨が降っていて、車まで一番最初に辿りついた長野くんが女性陣を先に乗せてたのが紳士的でした。結構どしゃぶり。
車中ウォッチング久しぶりってちょっと嬉しそうにしてる長野くんがいいねえ。V6でバラエティーしてた時は、確かに多かったよね。懐かしいねえ。ただ当時のバラエティーと違って、お客さんがやってきたのを見つめてる長野くんの眼光が鋭いのよ笑。真剣。


そして、実際の農家の方々の評価。
一組目はお歳を召したご夫婦2人。すっごい厳しい(笑)
マドモアゼル滝沢→(テーマの梅が)わかんない。酸味が分かんない
マダム村上.→どら焼きですよね。中にはあんがね。甘くないから食べやすい。梅は感じないね
ムッシュ長野→辛口だったお父さんが完食しておいしいって。お母さんは甘露煮にするのは大変ねと。
お父さん茶碗蒸しが一番おいしかったそうです。農家の方には梅の加工が大変なのが分かるんだね。

二組目は農家の奥様3人組。
ムッシュ長野→おいしい。出汁が効いてる。梅酒じゃないね
マダム村上.→梅ジャム?梅あん?あんこだ!酸味が残るのがさっぱりしておいしい
マドモアゼル滝沢→レーズン?梅干し?カリカリがアクセントでおいしい
奥様方に分析されてる自作料理に喜ぶ長野くんが可愛い。茶碗蒸しがおいしいって皆即答。
家に帰ってやってみようと思うって仰ってた奥様に、レシピはネットで公開しますんで是非って車中で話してる長野くんの下に、番組ホームページのテロップ。

三組目は新米移住者の方と農業の師匠の2人。どちらも対面済みの方々。
マドモアゼル滝沢→バターが効いてておいしいけど梅が感じられない。クッキーとしてはおいしい
マダム村上.→梅の酸っぱさが感じられる。
ムッシュ長野→梅の味がきついね。梅の濃さと茶碗蒸しがあわない
バターと言われたタッキーが「バターじゃないの」って残念そう。正解はココナッツオイル。
ぱくっと一口で梅をいかれて、「混ぜながら食べてほしかった」ってこちらも長野くん残念そう。でもそのしょんぼりな感じいい。口許に手をあてながら真剣に評価を聞いてる長野くんもいい表情ですねえ。
2人はクッキーがよかったそうです。今まで高評価だった茶碗蒸しがちょっとここではよくなかったみたい。
最後の組だけ突撃しにいってて、もう少し感想を深掘りして聞いてたけど、やっぱり3人とも向上心に溢れてる。反省会も真面目にしてて、次回もクオリティーの高いモノを出してくる予感がびしばし。
というかファームは3人とも料理得意だから見てて安心感があるね。アイデア料理もどんなに斬新だったとしても普段の調理を見てるから美味しいんだろうなって思うもんね。特に長野くんね。


次回は甘党女子必見!の低カロリースイーツ。
長野くんがドーナツのカロリーダウンに挑戦するんですって。

拍手[0回]

ファーム 5月19日分感想

冒頭からかつおを食べてた3人。タッキーにお茶碗がないことに初っ端から違和感を覚える管理人。
かつおっていまいち食べるバリエーションないよねってことから、変わりかつおたたき選手権がいきなり始まった(笑)ポン酢を超える組み合わせをレギュラー3人が審査するとのことだけど……これ昔違う局で似たようなのありませんでしたっけ。なんなら長野くんが調理師側で出て、本物の料理人より得点とって優勝してしませんでしたっけ……?確かネギトロを超える食べ合わせかなんかで。記憶があやふやだけど、似たコンセプトのは出てたよね。
選手権途中からタッキーがご飯食べ始めてほっとしだした管理人。
最後のエスニックたたきで、パクチーが出てきたら。
「そうだよね~。女性はやっぱ好きな人多いよねえ。……行かないです」って当然のごとく長野くんはパクチーを避けた。

今回、選手権終わった後3人でかつお丸ごと1本買いに行ってて、なかなか1本買う人はいないですよね~ってお店の人に笑いながら話してる長野くんがちょっと雰囲気可愛かった。そして長野くんお得意の擬人化。かつお見て「いたいた」ってね。
お店の人に頭とるくらいまでかつおをさばいてもらってから、長野くんも途中参戦。すごくきれいにさばいてた。そういえばあんこうもきれいに解体してたし、食べ物に関しては器用ですよね。……悪口じゃない、悪口じゃないんだ。まあ素人なのでプロほどきれいに身を剥がすことはできないけど、それでも見た目きれいにとってたよ。
女性陣も参戦しながら、お店の人に教わりながら、皆楽しそうに切ってたわ。

そしてかつお祭り。かつお1本丸ごと贅沢に食べる会。
焼き担当(石釜)は長野くんなんだけど、彼は働くよね。石釜稼働させている間も一人黙々とあら汁作ったりかつおを湯せんしてフレークにしたり揚げ物したり……いや、独り言言ってたり料理番組みたいに何々いれま~すとか言ってたりするから黙々でもないんだけど。そしてここでも「お味噌入れてあげなくちゃ」ってしてあげるシリーズの口癖(笑)
石釜で焼いてたのはかつおのカマなんだけど、すっごい美味しそうでなあ……あら汁も美味しそうだし……羨ましいなあ。本当贅沢な人たちだ。口に入れた瞬間天を仰いでヘブン状態の長野くんにも納得だよね。
3人で山賊みたいに骨についた身を食べ漁ってる姿が仲良しでいい大人が可愛かった。

次は6月。スイーツ月間とのことで。長野くんがパティシエのコスプレしてた。


拍手[0回]

ファーム 5月12日分感想

冒頭から畑の葉っぱを摘んで嗅いでる怪しい画から始まった今週のファーム。しかし横顔俯き加減伏し目がちの長野くんは鉄板だな!鼻筋がすっと通ってて綺麗綺麗。前髪が長いと更に鼻の頭や目許を隠すように覆ってなおよし。岡田くんに隠れるけど彫の深い麗しい顔してるんだよね。テレビより写真より生で見た方がいい芸能人だと思っている。(つまり写真写りとかそんなよくない……ごめん)

今日のテーマがよもぎのため、よもぎの天ぷらをかけてよもぎ摘みテストが始まった。皆よもぎは食べるけど生えてるの見つけるってことはしたことがないそうなので、よもぎレベルは一緒みたいだ。
片っ端からそれっぽいのを見つけては千切って嗅ぐを繰り返してる(笑)特に長野くん。犬か。
そして毎度のこと。課題でよく性格の出る番組。
長野くん→匂いで探究(真面目)
タッキー→よもぎそっちのけで他の野菜の成長具合を観察(ある意味真面目)
村上ちゃん→春菊に似てるかなと形で探索(真面目)
畑の女王は畑全体のことを気にかけてるから……最後にちゃんと摘んで確かめてる画が出てたから……(震え声)番組の中の単発で終わるクイズ企画より、もっと俯瞰でものごとを見てるから……なんて思ってたら、テスト終了で3人が集まって各自見つけてきたよもぎっぽいものを見せ合ってる時。
タッキー「あたしがね、これにした理由はいろいろ周り見ていたら時間がなくなっちゃった」
長野くん「何で周り見てたの?(笑)」
村上ちゃん「よもぎ探してくださいと言われているのよ」←お母さんつうか真面目な学級委員長
タッキー「でもね、いい情報があります」←自信満々
長野くん「はい」←聞いてあげる
タッキー「うどがたぶん今めちゃくちゃ食べどきです。だから、天ぷらにするならとって食べた方が……」
村上ちゃん「いやいや。天ぷら食べようじゃなくてよもぎを探そうだよ」
村上ちゃんが正論すぎてだな……とりあえず正解は長野くんと村上ちゃん。見せ合いっこしてる時から似てるねって二人は話してたのでばっちり当たり。
敗者は「よもぎの天ぷら」を食べられないのを半ば忘れてたというか、割と真面目に「天ぷら」しか頭になかったタッキーが面白すぎる。
勝者の2人は自分たちで摘んだよもぎを天ぷらにしてたんだけど、その時に長野くんが一瞬天ぷらから目線を外して畑の方を見たからなんだろうと思っていたら、ぼそっと、
長野くん「真剣にうど摘んでいるんだろうな」
って言ってたのが笑った。今そこにいないタッキーの行動が共演者によって分かる構成。
そして実際に場面が移ると。
タッキー「ああ。生えてる生えてる」
手袋をきっちり装着して、嬉々として真剣にうどを掘り起こしてる女優さんの姿。きっちり収穫した後、よもぎの天ぷらが揚がったからじゃあ食べようかって言ってる2人に対して、「うどとってきたよー」って現れるタッキー。
タッキー「じゃあこれ食べよっか」
長野くん「それはまだ話し合いが……」
渋る勝者の2人はタッキーの提案をとりあえずスルーしてよもぎの天ぷらを実食。食べて感想言いたかったなあってぼやいてるタッキーに対して、さすがは勝者の余裕。長野くんは「じゃあさ、これならいいよ」って言ってよもぎのてんぷらの葉っぱのほんの小さな欠片をタッキーにプレゼント。
や、優しい…………!!(笑)
ケチーっ!って悪態つけながらもタッキーはありがたくいただいていた。
その後よもぎの簡単な見分け方をレクチャー受けてから、再度三人で探索。今度はさくさく見つかって、村上ちゃんがよもぎペーストを作ってくれた。それを元によもぎソースにしてパンにつけて食べてた。
そしてなんと、これだけでは終わらないよもぎの活用術。長野くんが女性陣のためによもぎ湯(足湯)を用意しておりました。パンを食べてる途中でちょっと来てって感じで2人を誘ったから、タッキーが名残惜しそうにテーブルを離れてたのが突っ込まれていた。らしいなあ。ぶれない。
自分で準備することが多い中、毎回足湯はパスされる長野くん。あのスネ毛は駄目なのかなあ。足湯NGアイドル。
でも気が効く男の快進撃は止まらない。なんとよもぎのドリンクまでサービス!
女性陣から絶賛される中、そういうコーナー作ったら?と提案される。その名も「長野亭」。とりあえず次回があるのかは不明だけど、スムージーを振る舞って店主は女性陣におもてなし。
ゆったりよもぎの足湯に浸かりながら、よもぎドリンクを楽しむ2人。いいなあ。

その後はよもぎチヂミとよもぎスンドゥブチゲも作ってた。どっちもおいしそうだなあ。
マイ畑も皆それぞれ順調に進んでるみたいでよかった。それから以前失敗したごぼうにもう一度チャレンジするそうな。バケツを使ってのごぼう栽培。ごぼう農家の方から土ももらって準備万端。もらった土とファームの土、両方別に作ってみて出来を比較するんだって。
本当にこれ、大人版のやってみよう!だよね。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。
| HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]