忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
前回に続いてチキン利食い。どんだけこのテーマが好きなんだか。

チキン利食いの興味深いところは、ひとえに「利益が出ているのに悪手」ということだと思う。
チキン利食いをするということは、少なくとも自分の裁量で利益をとれるということだ。その時、利確してからその後のパターンは二つだけ。更に伸びていくか落ちていくか。
伸びていった時はとても悔しいけど、問題の本質はむしろ自分が利確したところで下がっていった場合だと思う。
意外と利確したところがほぼ天井だったっていう場合は多いと思う。
それでほっとしてよかったっていうのが何度も続くとその癖がつく。そしてまた大体このくらいでしょで利確するととんでもなくぶっ飛んでいき……ちょっと待てばいいのに飛びつくと、そのまま乗れれば御の字。そうでないといったんふるい落としにかかってもう一度入るのが怖くなってチャンスを逃すか、またはもうここからじゃ駄目だと指を咥えて恨めしく眺めるになるかかなあ……大抵は。
そこで大事なのは「利確しなかったらもっととれたのに」っていう悔しい感情ではなく、そのまま伸ばしていった場合の利益率がどうだったのか、つまり収支がどう変わったのかということ。

チキン利食いの積み重ね-ちまちましたLC > 一発ドーンな利益-膨大なLC

上記なら問題ないと思う。ただ実際は一発当てた場合の方が、左辺で得た利益よりはるかに大きいということだろう(数が多くてもトータルでマイナスにならない適切なLCができていることが前提)。
バックテストすればこうなるんだなあっていうのは分かるのに、それでもできないところにキチン利食いの誘惑があるんだよねえ。
全部のトレードでとれるわけないのに自分が持ったポジションに執着してしまう。目先の利益の方が大事に見えちゃうんだよね。
LC自体が嫌になったり。
あと、チキン利食いしたくなるのはそもそもそういう成功体験が乏しいからというのもあるのかな。
結果として待った方がいいっていう経験を積んでるならわざわざ収支を悪くするやり方はとらないから。
できるようになるにはまずできないと駄目なんだなあと思う……

それから、LCが嫌でチキン利食いを繰り返す悪循環に陥っているなら、そもそも自分の入ったタイミングは正しいのかどうかを疑うことも必要だろう。TSで付いていけるだけの含み益がいまいち乗らないなら、そこにも問題があるのではと考えるのは見当違いではないと思う。
そして、元々自分の決めた当初の利確の位置が正しいのかどうか(その銘柄の直近の値動き等踏まえた適切な価格設定になっているのか。それともただの自分の願望なのか)を改めて考えるのもいいのかも。

たった一つの事象だけど、心の中で色々な要因が絡み合ってその結果に繋がっている。
これだからトレードは奥深くて難しいなあなんて思ってみる。本当は淡々と何ものにも心動かされずできればいいんだけど。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]