忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
よくトレードを確率とか期待値で考えるというけど、それと同じくらい割合で考えるのも大事だと思う。
まず割合でない場合。これはお金そのものに目がいっている状態。
実際に自分のお金をかけてトレードをしている個人投資家なら、ある時点の時間軸においてどれくらい儲かった・損したってことは当然気になるし全く気にしないでいられる人は嘘だと思う。逆に気にしないといけないと思うし。
でも、お金を「いくら」っていう金額だけで考えてしまうと、ああこのくらいしか儲けられなかったとか、こんなに損しちゃったとかいう結果にだけ目がいくことになってあまりよろしくない気がするんだよ(逆もまた然り)。
そもそもお金は為替や経済状況等によって容易に価値の変わるものだから、単純に今何円持ってるって言っても日ごと価値は変動するわけで……しかも銘柄のボラティリティーによっても「いくら」利益・損失になったって言うのはだいぶ変わるから、金額でトレードを計ろうとすると何かと不都合だと管理人は思っている。
なので、自分がトレードで賭けたお金から何%(つまり割合)儲けられたか又は損したのかって考える癖を付けた方がいいと思う。
金額だと、数十万円の利益でも大きいと感じる人もいれば全然物足りないって人もいるだろうけど、%に置換えた場合は大体このくらいとれたらすごいとかこのくらい逆行したらもうLCしないとやばいっていう感覚はそんなに大差ないと思うんだよね。
たとえばデイトレで5%以上とれたら結構いい方だと思うけど、トレード資金が少ない人にとっては金額で考えれば雀の涙程度の利益にしか感じないってこともあるだろう。特にビギナーズラックでものすごい玉を立ててとんでもない額儲かったってことを体験した後、下手打って資金を融かし、入れられる玉が極端に減った人の場合は余計に物足りないんじゃないかなあと。
ただ、そう思って玉を大きくしたりすると、大体上手くいかないからそこは早く身の程を知るしかないよね。%で考えれば増減がより正確に理解できるようになるだろうし、確率や期待値への考え方も早く身につくような気がする。


でも人間だもの。どうしても目先のお金に気が取られてしまうもの。
だから逆説的に、損しても儲けても大したことないと思える玉を立てて、最初または仕切り直しでトレードをするのはいいことだと管理人は思う。
そしてこれは自分のチキン利食い矯正プログラムの一環でもある。今確実にある利益を取り逃しても大した額じゃないならどこまでいくかついていきやすい。
ベストにはできないけど、よりベストに近いベターになればいいなあ。そんな軽い気持ちでトレードをするように最近は心掛けている。
どうせ専業じゃねえしな(本音)。


拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]