忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
やっぱりデモのようにはいかないなあ……ちょっと感情の抑制ができずに大層な大損を出してしまって猛省中。
よくある、ロスカット設定ミスからの大損からの取り返そうとして更にどーん!!
ロットを大きくすることはないのですが、チキン利食いと本当のトレードチャンスを待てずにエントリー過剰になってたのが原因です。
なかなかねえ……


上記のことがあったからではないけど、最近トレードに関して読書して大衆心理を再勉強中です。
『予想通りに不合理』をこの前読み、今は『投資苑』。
どっちも今更読んでるのかよって感じですが、今更でもやらないよりいいかなと。
どちらも他の人が手を変え品を変え散々口酸っぱく助言してることなんですけどね、ただそう言ってる人たちの原点になるものだからやっぱり自らも読んでみようと……


まだまだ。本当にまだだなあ。FT3の結果はいいから、かえって数値出したくなくなるよ……

拍手[0回]

PR
とりあえず今2014年のユロ円チャートでFT3で検証と実験中。
とりあえず1月分の結果。


勝率は下がってるけど獲得PIPSとかはよくなってるんだよね。
ただ、やっぱりリアルだとこんなにはいかないなあっていう感じ……
「待つ」「引きつけての売り買い」この2点に限るなあって印象のリアルトレードです。相変わらず変なところで入ったりするのも抜けないし。そういう癖が治らないとねー……


拍手[0回]

前回からレンジブレイク2回目エントリー実験終了。結果は以外の通り。  

ちょっと改善。平均獲得pipsはもう少し下がるかなと思ってたけど変わらなかった。今回は損切りになる前にいかないかなあと思ったらサクサク切ってたんで。なので、前回に比べて1~10pips未満のトレードも多かったです。

ただ、忘れてはいけない。これはあくまで検証だ。
一番辛いエントリー可能な状態がくるまで待つという訓練ではないというか、むしろローソク足を自分でスピード調節できる分、その部分が疎かになりがちですね。あとは、実際にお金がかかってるかかかってないかの違い。
そこが克服できないと安定的に勝てないんだよなあと思った次第。
正直実践でやったらこんなによくない。今の管理人は待てなくて利益を大幅に減らしてるのが実情なので、そこの訓練がとても必要だなあってやりながら本当に思いましたねえ。なかなか克服できない部分。でもここが変われば一気に変わるので、もう少しじたばたもがいてみようと思います……

FT3では、1年くらいのチャートで波と節を意識しつつ、1時間足くらいのブレイクやトレンドフォローを強化する訓練をやろうかなというか今実験中。
実際、管理人がレンジブレイクやトレンドフォローしようとすると、大体1時間足をメインに小さい時間足で入るってことをやってるので、じゃあいっそもっと意識してやってみようかなと。

そんな感じで進行中。

拍手[0回]

レンジブレイクだけひたすらやる練習がとりあえず100回を超えたので、今はエントリーはせずレンジができはじめたところ~ブレイクまでを四角で囲ってます。ひたすら。
そしてその部分をスクショしてドキュメント管理システムに分類して溜めてます。本当なら紙の方がいいの分かってるんだけど、さすがに面倒で……とりあえずこの作業が割と時間かかってるなあ笑。
100回エントリーまでに1か月半くらいかかったので、とりあえず2か月分くらいやってこうかなあと。
ちなみに前回の100回エントリーの成績は……(twitterで呟いたの間違えてた。変だと思ったんだ)
最終合計pips:390
勝率:56%
平均獲得pips:13
平均損切りpips:9
まあよくはないよね。

今回の検証に際して前回の視点と追加したところ。⑤~new
①大きい時間足と同じ方にブレイクした方が大きく伸びる可能性が高いのではないか
②大きい時間足と逆の方にブレイクした場合は騙しの可能性が高いのではないか、騙しではない場合転換部分になるかもしれない?
③トレンドの継続時間が長いまたは急騰急落の幅が大きい場合、レンジも長くなりがちだから1,2回目くらいのブレイクは騙しになる場合が多いのでは?
④ブレイクした場合直近の高値安値または大きい時間足のレジサポ辺りで止められる可能性が高いのでは?(これが近いと騙しになる可能性が高いのでは?)
⑤動画で見たレンジブレイクのパターンがどういう風に出るのか確認する
⑥ローソク足の動きによっては入るのが難しいやつ=エントリー見送りする勇気を持つ

例はこんな感じのをひたすら収集癖。ただ例のはどちらかというと日足のレジスタンスで売られただけとも言えるけど。


検証中にやらないことはこんな感じ。
①レンジブレイク以外気にしない
②レンジ中にどっちにいきそうか予想はしても入った気にならない
③一波目で入った気にならない(押しを確認する)




ひとまず引き続きそんな感じで進行中。
そういえばブログに保存してた画像って消去すると過去記事の中の画像も消えること知らずに消してしまった……あちゃあ。

拍手[0回]

今更かよっていうか持ってなかったのかよとかいう声も聞こえそうだけど、ちょっと前に諦めてFT3を買いました。
……そう、諦めて。
メタトレーダーで今まで検証してたんだけど、やっぱり止まってるチャートを自分で動かさないといけないっていう手間が面倒というのと、その手間って実環境にはない部分だから何となく間延びしてたんですね(笑)
デモでリアルに勉強できるのは相場が動いてる時間だけ、しかもデモで利益になったりするとこれリアルでやってたらなあってどうしても思ってしまうので、だったらいっそ今の環境より簡単に検証できてかつ何となくもったいない感じを強制的に起こさせない状況に追い込めばいいよなって。
まあもったいないって思うこと自体が検証に集中できてないってことなのでよくないんだけど、そこまで人間できてないからじゃあダメ人間でもできるように環境を整えてあげよう!って思った次第です。
お膳立てが大事ですね。


今のところレベルの低いところからやろうと考えていて。
まずは簡単な仮説だけちょろっとたてて、レンジブレイクだけひたすらやる練習。
仮説はこんな感じ。
①大きい時間足と同じ方にブレイクした方が大きく伸びる可能性が高いのではないか
②大きい時間足と逆の方にブレイクした場合は騙しの可能性が高いのではないか、騙しではない場合転換部分になるかもしれない?
③トレンドの継続時間が長いまたは急騰急落の幅が大きい場合、レンジも長くなりがちだから1,2回目くらいのブレイクは騙しになる場合が多いのでは?
④ブレイクした場合直近の高値安値または大きい時間足のレジサポ辺りで止められる可能性が高いのでは?(これが近いと騙しになる可能性が高いのでは?)
とりあえずこのくらいの簡単な……仮説っていうのかくらいのレベルのやつ(笑)
練習中にやらないことはこんな感じ。
①レンジブレイク以外やらない
②レンジ中に予想して入らない
③一波目で入らない(押しを確認して入る)
これも今更書くことかねってくらいのやつ(笑)
ちなみに練習は100回以上はとりあえずやってみて、その後レンジブレイクに特化した環境認識を同じくらいの日数分やる予定。
仮説でたててたやつがどの程度確率が高いのか、エントリーしちゃうと利益に目が行きがちなので改めて検証する感じ。後は練習で感じた諸々の軌道修正等。
それを終えた後にもう1度条件を付け加えたレンジブレイクの練習を同じくらいの回数をこなす。
この運用順序なら、普通は2回目の練習の方が勝率なり獲得pips数なり負けトレードの減少なり、何らかの手応えを感じてるはずなんですよ。はず(笑)
もし手応えが何もないなら環境認識が誤ってる可能性があるし、少しでも手ごたえがあればできるところまでブラッシュアップしてけばいいかなと。
一応どちらに転んでも収穫のあるやり方だと思うので、モチベーションの維持は可能かなあって……ぶっちゃけ正しい検証のやり方も、自分にあった検証のやり方も分からないので、とりあえずやってみるかーって感じなんですよね。
管理人はバカはバカでもできるだけ行動力のあるバカでありたい(^_^;)まあそれが徒になることもいっぱいあったけど。


ひとまず今週はそんな感じで進行中。


拍手[0回]

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]