忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2018/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
ネタバレです。長くなっちゃったので分ける。
メンバーたちの会話部分は、テロップが出てるとこ出てないとこを拾ったり拾わなかったり書いてるので、まだ見てない人はニュアンスを感じ取ってください。聞き取り間違いや人間違いしてたらご容赦ください。こっそり教えていただけたらしれっと直します……


■Lyric video■
どんなのだろうって思ってたら本当に歌詞が映ってる映像だった(笑)ただメンバーの手書きっていうのは面白いですね。
字って年齢関係ないなあって。子供でも大人より綺麗な字を書く人もいるし、よく字に性格が出るっていうけど、筆圧とか筆の速度とか、払い止めや適当に書く部位、逆に丁寧になる部位等、書き方にこそ性格が出る気がするから、できればメイキングでメンバーがただ字を書いてるだけの映像も欲しかった……我儘。(今凄く長野くんの鳥皮スパイラルサインを思い出してる)
まあ欲は際限なく出てくるから、いい所で止めないと辛くなるのは自分だね。


■隠しトレーラー■
あ、決まってたんですね!!って感じで。自分で見つける前にスタメモで情報は仕入れてたので、確認作業で見た感じだったけど嬉しいですね。
聴いたことない曲はアルバムに収録予定の新譜なんでしょうか。
アルバムもツアーも楽しみだなあ……1公演くらいは入れますように。


■色で振り返るV6の歴史!■
MV撮影の合間に特典映像収録。約35分間すっごく面白かった。スタッフさんは本当にV6とそのファンのことをよく分かってらっしゃる。プロのお仕事。
お金をかけない方がV6って面白い。
……というと語弊があるけど、V6は6人だけでくだらないことを楽しそうにやってくれればファンが満足するグループだなあって思う。いや、ファンってそういうものだと思うんだけど、それにしてもお金かかってなくても楽しいんだもん。企画力って大事だ。そしてプロデュース力と。

今回も初っ端から楽しませてくれた。忙しいスケジュールの最中でも皆笑いという名の茶番は忘れない。というか、学校へいこう!を見てた管理人にとって、V6=茶番ってある意味DNAに刻まれちゃってるんだよね。
初っ端から、「ああ茶の間で見てたV6だな」が炸裂していた。特典映像の撮影のためにメンバーを直撃するスタッフさんとV6とのやり取りで既に安心している自分がいる。
スタッフ「COLORSのちょっと……」
三宅くん「え?これから俺達はブレイクタイムなんだからなあ……」(とりあえずぼやく)
イノッチ「え、なに?COLORSの?なに?」
この時点で芝居がかってるイノッチ。窺うような視線をカメラに向けながら、耳もとに手を当てる仕草がとても嘘くさい。イノッチは役者だね。その後ろで笑っちゃってる森田くん。
スタッフ「特典映像の撮影……」
イノッチ「特典映像?(メンバー見渡して)皆いいかい?
長野くん「しょうがねぇな」
スタッフ「ちょっとお疲れのとこアレなんですけど」
イノッチ「しょうがねぇな
森田くん「歩く?」
イノッチ「とりあえず歩きながら決めよう
森田くん「止まりたくないんだよ」
長野くん「(笑いながら)まだ決めてない」
元々カメラポジション直しのために楽屋移動するってタイミングで声をかけてたのもあり、ここら辺のやり取りを終えてとりあえず場所を移動する一同。
いや、もうこの時点でV6がよく出てるよねえ。メインはイノッチ、賑やか師(にぎやかしっていうか心情的にはこっち)は三宅くんと長野くん、笑ってるのが森田くんでことの成行を見守ってるのが坂本くんと岡田くんっていう。
賑やか師の2人は場合によってもっと踏み込むこともあったり、笑ってる森田くんが更に入るかどんぴしゃな一言で場の流れを一気に変えるかっていうバリエーションの違いはあるけど、大体こうだよね。阿吽の呼吸で茶番をしていく。
賑やか師がちゃんとノッてくれるって分かってるからイノッチも安心して振れるんだよね。いいグループだ。
長野くんこういう時大体やる気なさそうな人になるのも面白いよね。20周年アニバの特典でもやる気ない発言してメンバーに突っ込まれてたし。
そして、ぞろぞろとイノッチを先頭に三宅くん、森田くん、長野くん、岡田くん、坂本くんの順番で廊下を移動する中でも茶番は続くからなかなか本題に入れない。
スタッフ「こんな所で撮影するんですね」(感心したように)
イノッチ「毎回そうだよ」(さらっと嘘つき)
スタッフ「すごいですね」(さらっと流す)
三宅くん「毎回(肯定)」
長野くん「毎回(懐疑的)」
森田くん「あひゃひゃ」
三宅くん「オレらPVの撮影っていったら代々木でしかやんない」(便乗嘘つき)
イノッチ「代々木がオレたちを選んだんだ」(壮大な自信)
スタッフ?「ふっ……はははあっははは」
三宅くん「まあね、代々木に選ばれたとこあるよね」
長野くん「あははは」
イノッチ「さあこっちだ!
廊下を抜けて部屋に入る瞬間の振り向きざま。カメラに向かって左手をくいっと挙げながら、更に皆を誘導していくイノッチの自信に満ちた力強い声と凛とした顔つきに、あの男も反応しちゃう。
森田くん「さあこっちだ」思わず振り返ってカメラ見ながらニコニコ
イノッチ「代々木のことなら任しとけ」(壮絶な自信)
三宅くん「どこにでも案内するぜ」(便乗自信)
こうして、このまま始終イノッチの華麗なエスコート(イノッチ劇場)が続くかと思いきや、そうは問屋が卸さないのがV6。
まさに青天の霹靂。先頭を風のように切って歩いていたイノッチが、部屋を通り抜けてまた廊下に出る間際にそれは起こる。
スタッフ「井ノ原さん左折です!」
イノッチ「あっ分かりました」(素直)
始終誰かの笑いが絶えない移動。たぶんスタッフさんかなあ。
それにしても、オチが完璧すぎて言葉が出ない。

そしてもう一つの関係性というか、補足で。三宅くんがイノッチにノッた後、イノッチのいいところはやり逃げしないところ。ノラれたらノリ返す。だから話も盛られてく。そしてそれを温かく返してくれるのが長野くん。大体メンバーのすることに大口開けて笑ってるよね。だからV6の中の芸人さんたちは自信を持って自分の芸を披露できるんだろうなあって。笑ってくれるお客さんがいたら頑張るし頑張らなくてもネタをお披露目したくなるよね。
ちなみに、特典映像を撮影しましょう→イノッチの「あっ分かりました」のくだりまでわずか1分もないのが絶望。たったこれだけでメンバーの立ち位置紹介も兼ねてここまで面白くできるのかって。
その一部分でこれだけ楽しいのだから、本編も面白くないはずがない。そんな期待感が生まれる中、全体としてはここまでで1分40秒もいってないのが怖い。
イノッチの誘導と見せかけたスタッフさんの導きにより、6人は広い空間に横一列で並んで今回の特典の映像の内容を知らされますが、その前に軽く新曲について話してるやり取りでも、メンバーとスタッフさん仲いいんだなあってほっこり。
立ち位置は画面向かって左からイノッチ、三宅くん、森田くん、岡田くん、長野くん、坂本くん。右三組の密度が若干濃い。
ここも真面目に書いてたら本当終わらないから端折るけど、今回踊りがどうかと聞かれて、
イノッチ「めっちゃ激しい」(嘘つき)
長野くん「あははは」
岡田くんも思わずイノッチを覗き込むように振り返るよね。
イノッチ「ぜぇぜぇ言っちゃって」(顔が笑っちゃってる。長野くんがよく言ってる口許が緩いやつ)
スタッフ?「本当?」
三宅くん「息つく間もない」(便乗嘘つき)
スタッフ「マジすか?V6って踊りエグいじゃないですか?」
長野くん「エグい(笑)」
岡田くん「エグいかあ」(しみじみ)
皆笑っちゃってるけど三宅くんなんか両手叩いて笑ってる。
スタッフ「ジャニーズの中でも踊りがスゴい印象」
イノッチ「そうだね。大体振付師に対しての発注はエグいのちょうだい。今回もエグいのちょうだい」
電話ポーズしながらどんどん盛り盛りしてるけど、本当にこの人頭いいというかね、回転が早いというか。嘘の吐き方も詐欺師って言われてもしょうがない完璧なレベル(笑)
でも、この歳になってもエグいって周りから言われるほどダンスこなすグループって本当にすごいよ。年齢ネタはまあ昔からあるけど、本当にそれをネタにしてしまうくらいアグレッシブで精神的に若々しいグループだと思うよね。
確かに見た目は、昔に比べたら老けたのは当たり前だし、皆のこと若いなんて思ってないけど、それでも若々しいとはずっと思ってるもの。

まあそんなこんなで、次に続く。次はいよいよ本編に……「COLORS」にちなんだ「色」にまつわる罰ゲーム付きのクイズへと突入していく。
ちなみに上記までで会話に坂本くんが入ってませんが、元々寡黙なことと、新曲のイメージをぽつぽつ喋るイノッチの補足にちゃんと要所要所で口を開いてメンバーを助けております。その優しさは後編でも出てる。



拍手[1回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]