忍者ブログ

近所の暇つぶし

長野くんとV6とFXトレードの話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
カミセンVSトニセン!沖縄縦断VR対決 ~トニセンSIDE~



どうしてイノッチが最初に覗くことになったのかは端折られていたけど、こういう時は先方イノッチということで、早速装置を装着するところから開始。
長野くん「1分?」
坂本くん「何かあったら言って」
……みたいに、カミセンとの違いが最初のこういうところで出る(笑)
イノッチがめっちゃ戸惑ってる感じが可愛い。単語をぽつぽつ呟いてるのに対して、カミセンよりは広げようとしてる坂本くんと長野くんにこれって何の差なのかなあって思ったりした。
きっとカミセンとトニセンの差だよな。
でも、一生懸命伝えようとしてる人に対して、ちょっと状況がおかしいから茶化すのはどのグループも一緒だね。
長野くん「1人だと怪しいやつ」
しかし、本当にカミセンと大違い。カミセンの場合は森田くんと岡田くん、三宅くんが会話してないけど、こっちはイノッチが見たものに対してある程度単語を引き出したら、後は質問して文章にしていくもんね。
ヒアリング力の違いというか……長野くんが人からご飯屋さん聞かれて答える時ってこんな感じなんだろうなあって思った。1分終了した後、全然分かんないってわたわたしてたけど、大筋は捉えてるところは流石だと思うけどねー。
ただ、この後のやり取りは面白い。
スタッフ「はい。終了!」
坂本くん「マジ?」
長野くん「いや分かんねえぞ」
イノッチ「オレは分かってる」
長野くん「3人見た方がいいんじゃない?」←早々にイノッチの自信を否定
イノッチ「オレは分かってるから大丈夫」←どこからくる自信だろうか
長野くん「聞き方も大丈夫?」
大丈夫って言い張るイノッチに、だいぶ不安が残る坂本くんと長野くん。特に長野くんが頻りに確認してるのがなんかぽいよね。
イノッチ「ん?」
長野くんの意図を察せないイノッチに坂本くんが指さして大爆笑。ついにはイノッチの肩をどんって叩いてる(笑)
長野くん「このポイントを聞かないと。だってその場所を知らないでしょ?」
イノッチ「あ゛っ!?」
坂本くん「キレるなよw」
長野くん「その場所知らないでしょ?」
イノッチ「知らない」
長野くん「どうやって聞けばいいか。ポイントは?」
有無を言わせずお前分かってないだろって感じを出しつつ、基本的には聞き方が優しいから長野くんが幼稚園とか小学校の先生みたい(笑)大丈夫?大丈夫じゃないよ~って教えてる感じがたまらん。
最初分かってるよ!って反抗してるけど、だんだんあれ……?オレ大丈夫じゃない?!って感じで素直になっていくイノッチも可愛い。長野くんとイノッチの関係性ってこんななのかなあ……よくイノッチが「長野くんが大丈夫って言ったら大丈夫」って言ってるけど、今ちょうどその逆だものね。

イノッチ「焼肉の……バイキング。ゴリラのキャラクターがいるんだよ」
坂本くん「超有名だったら観光客の人も分かるけど地元だったら観光客の方に聞いても分からないでしょ」
イノッチ「地元っぽかった」
長野くん「見てみなよ」
イノッチ「長野くんが見た方がいいんじゃない?」
坂本くんに見なよって言う長野くんに対し、イノッチが長野くんに確認を促す。まあ食べ物屋さんだからね。
ここで場面がカミセンに移り、トニセンと違い森田くんの情報だけで聞き込みを開始してますね。



あまり身にならないカミセンの聞き込みを挟んだ後、長野くんのVR確認へ。
先にイノッチの話を聞いてたので、割とスムーズに場所を特定できそうな単語が出てくる。
笑ったのが駐車場にいる大きいゴリラを説明してるところ。
長野くん「生きてる動いてる。手がこんなくらい。ジャミラみたいな感じ」
まず生きてねえし。手がこんなくらいって真似してみせてる長野くんを見て坂本くんが笑ってるのがなんか面白い。そしてすぐにジャミラって出てくるところがウルトラマンだなあ……子供の頃から見てたんだなあって思ったよね。ジャミラって言われても分からない人は分からないと思うのよ。
ここまで特定できたらもういいでしょ!ってことで、カミセンに少し遅れてトニセンも聞き込み開始。
ただその前にカミセンSIDEに移り、こっちはもうトニセンを見てるファンからすると、完全行き当たりばったりに思えるんだけど……車に乗り込むところから始まってました。



トニセンの運転は有無を言わせずリーダー、ナビは長野くん。もう決定事項。
イノッチ「ナビ野!」
テロップに「助手席は安定のナビ野」っ出てくるのがなんかいいね。懐かしくて。
というか、ここまで13分しか経ってないのに、やっと両チームメンバーだけのドライブロケが始まるのです……



坂本くん「とりあえず人がいる所」
長野くん「聞かないとどうしようもないよね?」
坂本くん「どっちに行く?」
長野くん「右!」
坂本くん「右行く?」
何の根拠もなく右って言ったの分かってるのに、坂本くんが長野くんの言う通りにしようとしかけたところ、
イノッチ「地元の商店に聞いてみたら?」
と、イノッチから助け舟。ただどっちに何があるか分からないので、とりあえず長野くんの助言(ですらない)の通り右に行くことに。
坂本くん「右行く?」
と言いながら坂本くんが右にハンドルを切ってました。
トニセンチームは地元のお店を探して聞き込み作戦。
車を走らせていると、ちょうどよさそうなお店を発見したため降りて聞き込みへ。
とりあえず一番分かりやすい特徴だった、「ゴリラのキャラクターの焼肉屋さん」「バイキング」で質問してみると……見事泡瀬漁港という場所じゃないかという情報をゲットし、そちらへ移動することに。
ここまででトニセンが一歩リード?して再びカミセンの映像に移ります。



カミセンがゆったりタルトに舌鼓してる最中、トニセンは車で相変わらず移動中。
その際、後部座席に座っているイノッチがトークテーマが入ってるBOXを発見。
普通に引いて、普通にトークテーマを喋ってるけど、チームの色が出ますよね。
というかここ、坂本くんが一瞬はっとして道を確認してるところに、長野くんが超冷静に教えてあげてるところがなんか好き。本当にナビ野っているんだ……!(感動)
そんな二人を尻目に一通り話した後、イノッチの一言にさらにくすりとくる。
イノッチ「多分カミセンこういう話しないと思うよ」
坂本くん「しないでしょ。まず開けないと思うよそれ」
……で実際はどうなのよって感じでカミセンSIDEに移る映像。よくできた編集です。



カミセンから戻ってきても引き続きトークBOXのテーマで話を続けるトニセンチーム。
しかも微妙にカミセン側と行動がシンクロしてるのがすごいよね。
全くもって予想的中。保護者はすべてお見通し。
途中立ち寄ったお店で詳細な聞き込みをした結果、坂本くんのおごりでおやつもゲットしながらついにチェックポイントに到着したトニセンチーム。
もうこの時点でほぼトニセンの勝ちだと思われるけど、ここで再び試練。今度は紙に書かれているミッションをひとつクリアして、ゴール地点のVRをゲットしなければならない。
3枚中1枚目が、あっち向いてホイを5連続ノーホイでクリア。
まずイノッチと長野くんで挑戦。立場を変えてやってみるも、両方とも5回目で失敗してる。ダメだった時の2人の大爆笑がすっごいいいなあ。特に長野くんが本当大口開けてて楽しそう。
続いて坂本くんと長野くんでやってみたけど4回目で失敗。早々に諦めて次のお題に挑戦してたけど、こういうくだらないことでげらげら笑ってるメンバーが好きだなあ。
そして2枚目で成功。ミッションは3人共通の思い出の場所をシンクロさせるで、お見事正解。1リハでレッスン。
VRは坂本くん→イノッチ→長野くんの順で確認。
長野くんが覗いてる時にイノッチがふざけて長野くんが覗いてる方に顔を近づけて付いて行ってたのがおバカ可愛い。坂本くんも楽しそうに笑っててこっちも平和だよね。
結局VR映像だとよくわからなかったけど、たまたまお店の人に教えてもらって正解の場所に行っちゃった。運転はどうしても坂本くん。



続きは④にて

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
性別:
女性
自己紹介:
成人済。V6は長野くん推し。
長野くんの思考回路はトレードをやる上でとても参考になると思っている。株をやっていたけどいったんお休みしてFXを勉強中。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 近所の暇つぶし --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]